サザンオールスターズLIVE TOUR 2019 応援団チケット先行予約

待ちに待った40周年のサザンオールスターズLIVE TOURの応援団チケットの先行予約が始まりました。アルバム「Young Love」のツアー以来ではないかと思われる西武球場、メットライフドームがドーム会場のひとつにラインアップされているではないですか!東京近郊で足を運べる会場が増えて単純にうれしいお知らせでした。埼玉西武ライオンズファンの私は、毎年何回も通う馴染みの場所でサザンのライブが見れるのは何とも言えない喜びです。また西武ライオンズもちょうど所沢移転40周年の記念事業として球場周辺の改装工事をしている最中ですね。同じ40年というのにも何かの縁を感じずにはいられないです。確か前回の西武球場にきたツアーの当時はまだ屋根ができる前だったはずだな。

スポンサーリンク

LINEチケット(電子チケット)の取り扱い

本公演から、先行予約の取り扱いがこれまでのローソンチケット(紙チケット)に追加してLINEチケット(電子チケット)が導入されることになりました。LINEチケットは2018年10月から開始された比較的新しいサービスにはなりますが、今後普及することが予想され最近だと星野源さんの2019年のLIVEでも採用されているようです。プレスリリースでの記事によると、2018年には音楽や演劇など約300公演のチケットを取り揃え、LINEチケットでしか購入できない限定チケットや先行チケットも販売されたそうである。2019年からはプロ野球「北海道日本ハムファイターズ」やJリーグ「FC東京」などのスポーツチケットも順次販売し、段階的に取り扱いチケットが拡充される予定とのこと。また公式のリセール(2次販売)機能も提供されており今後もサービスは普及していくと思われます。

そこでサザンオールスターズである。長いことサザンや桑田さんのソロ活動でのライブチケットはローソンチケットによる先行予約の抽選が行われており、今回も応援団の方の多くは、まだなじみのあるローソンチケットを選択するものと予想される。昨年末にソフトバンクの大規模通信障害によってGLAYのコンサートにおいて電子チケットでの入場に支障が出たニュースがあったのも記憶に新しい。また既にLINEが生活に密着したものになっているとは言っても、LINEで決済機能を活用していたり、新しいものに抵抗なく飛びつく若い世代の方は比較的サザンのファンには少ないのかなと思うのである。公式の案内においては、当選確率・座席・入場順などの優劣は一切ないとのことであるが本当のとこはどうなんだろうか。当選確率には目をつぶるとしても少しでもいい席で見たいと思うのは、ファンの心理としてはあるような。両方の種類で重複エントリーがされていないかの確認は実施されるように見受けられるので、抽選はエントリーを集計したとこでやるのかもしれない。

電子チケットがライブ当日うまく使えなかったらという一抹の不安はあるが、手数料の節約というせこい考えではあるが、今回はLINEチケットで申し込みすることにした。いつもは複数公演を見るのはなるべく我慢して、渾身の1公演をピンポイントで申し込んでいたが、今回はお祭り感もあるので3公演エントリーすることにした。昔、公演が当たりすぎたため(東京ドーム8枚×2日間とか)引き換えをせずキャンセルしたら、次の年から抽選にあたりにくくなった気がして(正確なことは分からないが、茅ヶ崎ライブに行けなかった)それ以来ちゃんと行くと決めた最低限のものしか申し込まないようにして、最近の勝率は結構よくなっているはず。

サザン2019ライブ公演日程

公演日程を記載しておきます。すべて土曜日と日曜日の2回公演になります。申し込みできるチケット枚数ですが、サンドーム福井までのホール公演は1公演2枚まで、ドーム公演は1公演4枚までになってます。

サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019の公演一覧
公演日(土曜)公演日(日曜)会場名
3/303/31宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
4/44/5広島サンプラザホール
4/134/14横浜アリーナ
4/204/21愛媛県武道館
4/274/28サンドーム福井
5/115/12メットライフドーム
5/185/19福岡ヤフオクドーム
5/255/26京セラドーム大阪
6/16/2名古屋ドーム
6/86/9札幌ドーム
6/156/16東京ドーム

スポンサーリンク

これから応援団に入会しても間に合う?

5月以降の6箇所で実施されるドーム公演に限られてしまいますが第2弾の先行予約の応募が2月15日から2月20日の間で行われます。この抽選にエントリーできる権利は1月31日までに応援団に入会(入金)した方が対象になるので、これからサザンオールスターズのライブに参戦したいとか、ちょっと応援団の更新を休んでいたといった方がいたらまだ先行販売の予約に間に合うので急ぎ手続きをして一緒にライブを楽しみましょう。

最後に、複数公演をエントリーされる場合でも、すべて同じ種類(LINEチケットかローソンチケット)でエントリーしてくださいとの注意書きがあったので、両方の手段で申し込みをすることがないよう注意してください。

身分証明書の提示について(名前のカタカナ表記について)

今回も入場時に身分証明書との照合が実施される予定です。同行はできるが、応援団の会員で入手したチケットを第3者へ譲渡することはできません。自分は頭11番台でWebでの情報公開サービスが始まる前に応援団に入会し、会員歴が20年以上になるのですが最近まで会員名はカタカナで管理されていました。そのため配送物の宛先もチケットに印字される名前もカタカナ表記でした。それゆえ本人確認の際にいつも手間とり(別の列だったり違う人のチェックを1回目の確認の後受ける必要があったりして時間がかかってました)その都度、「ホームページから登録できるので変更しておいてください」と言われていました。しかしホームページからは苗字の変更はできるのですが(結婚によって姓が変わることを想定されていると思われる)名前の変更はできないようになっているのです。流石に毎回毎回待たされるのもしゃくなので、メールで応援団に問い合わせをして、身分証明書の提示(免許の写真でOK)は求められましたが、無事漢字名への変更を対応してもらいました。同じ境遇の方がもしおられましたホームページから問い合わせ相談してみてください。(ちょっと今のタイミングは避けたほうがいいかもしれないですが)

(2019/1/21追記)
西武ライオンズ球場での最後のライブがいつだったか調べました。
Southern All Stars Stadium Tour 1996「ザ・ガールズ 万座ビーチ」で8/10(土)・11(日)の2Daysでした。
西武球場以外にも、つま恋多目的広場、真駒内オープンスタジアム、海の中道海浜公園野外劇場、ナゴヤ球場、阪神甲子園球場、横浜スタジアム、とまわって千秋楽に沖縄の宜野湾市海浜公園野外劇場で「平和の琉歌」を披露したYoungLoveを引き下げてのツアーでした。(15公演)
前の年1995年に横浜で「ホタル・カリフォルニア」翌々年の1998年に浜松の渚園で『モロ出し祭り〜過剰サービスに鰻(ウナギ)はネットリ父(チチ)ウットリ〜』という夏のTHEサザンという夏のライブに挟まれたツアーライブです。
1999年のツアーからはドーム球場中心になりました。


平和の琉歌 ~Stadium Tour 1996“ガールズ万座ビーチ”in 沖縄~ [DVD] (amazonのリンク)

コメント